竹炭とは

炭の力 癒しの力、浄めの力、健康素材「竹炭」の効用

部屋の空気を浄化したり、気になる匂いを吸着したり、湿度を調整したり、生活に役立つさまざまな効果を持つ素材である「竹炭」。

そんな効果の秘密の一つに、多孔質という特性があります。竹炭は、内部にまで微細な孔が無数に開いた構造(=多孔質)をしています。そのため、表面積が大きく、優れた吸着力を発揮します。また湿度を調整する作用や、赤外線によるリラックス効果も期待できます。

空気や水の汚れ、匂い、化学物質、ストレス…竹炭は、そういったものから私たち現代人を守ってくれる健康素材なのです。

「竹炭」は木炭と比べ多孔質でミクロの孔が無数にあり、蜂の巣に似た六角形をしています。炭にするとその吸着量に大きな差が生じ、1g当たり600平方メートル以上となり、これは木炭に比べ3倍以上の表面積に当たります。竹炭30センチ程の表面積は1万㎡以上とされ、何とサッカー場に匹敵する広さとなるのです。その為多孔質効果より“調湿”や“消臭”効果が木炭に比べ、5〜10倍以上、と格段に向上するのです。

環境改善・保全の視点における竹炭作り

竹の成長は、一年で太さも長さも大人になってしまうほど成長が早いため、手入れをしないと他の植物にも影響を与えてしまいます。

たとえば、竹の整備を一年怠ってしまうと、一緒に生息している植物は確実に枯れてしまいます。竹を伐採することで、森に風や光が通り、一緒に生息している桜や梅が生き生きと花を咲かせる事ができます。ただし、竹の成長は早いため、伐採して多目的に使用することが環境保全に繋がっていくと考えています。

ベルウッドでは、こうした里山の現状を変えるため、鎌倉の東慶寺、円覚寺、極楽寺など、28カ所の竹林の整備をボランティアで行なっています。また、焼いた竹炭の一部を里山に戻し、土壌改良にも役立てています。

安心・安全な炭作り

炭化炉2-3

ベルウッドが炭作りで使用している炉は、竹の中に含まれている重金属をガス化し炭化炉の外側の燃焼炉で燃焼させる特殊な炉です。万が一、土壌の影響で竹の中に危険物が含まれていたとしても燃焼処理されるため、不純物がなく、炭素率が96%と純度の非常に高い竹炭を作ることが可能です。

また、安心して竹炭を使って頂くために、収穫した竹の根っこから90cm~1mは「塗料」の原料として、そして1m以上は「竹棒炭」や「炭蜂蜜」の原料として利用するよう、「焼き分け」を行っています。竹は水を吸い上げる力が強いため、根の近くにヒ素や水銀、鉛などが残りやすいため、食品の炭として使うものは、竹の上部を炭にして使うようにしているのです。

株式会社ベルウッド
〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷2-11-44
TEL:0467-81-5598
FAX:0467-81-5597
Copyright© 2017 BellWood Co.,ltd. All Rights Reserved.